読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草思社のblog

ノンフィクション書籍を中心とする出版社・草思社のブログ。

東南アジアを知悉するジャーナリストが最善の関係を示す

日本はASEANとどう付き合うか――米中攻防時代の新戦略 千野境子 著 ◆新たなステージを迎えた東南アジア さる九月三日、インドネシア政府はジャカルタ・バンドン間の高速鉄道計画を見直すと発表しました。日中が高速鉄道の売り込みに鎬を削り、いずれを採…

西欧を目指してここまで来た日本にモデルはあるのだろうか

ランキングでわかる ヨーロッパ各国気質 片野優・須貝典子 著 明治維新以来、ヨーロッパの先進国を目指して近代化の道を歩んできた日本にとって、西欧は先生であり、モデルであった。ところが、20世紀末から現在にかけて、日本の行き詰まりははなはだしく、…

脱原発の議論を事実に基づいた建設的なものに! 

ドイツの脱原発がよくわかる本 ――日本が見習ってはいけない理由川口マーン惠美 著 ◆ドイツは理想的な脱原発への道を歩んでいる? 東日本大震災による福島第一原発の事故を期に、全国の原発は、安全性見直しのため、すべて停止しています。現在は再稼働の審査…

中国の行動原理はいつも同じだ。著者の指摘は先見性に満ちている

鳥居民評論集 現代中国を読み解く 鳥居民 著 ◆徐才厚、人民解放軍№2の逮捕を著者ならどう見たか 7月初めに中国人民解放軍の元最高幹部、徐才厚の逮捕という衝撃的ニュースが流れました。ついに軍の中枢まで汚職の摘発は進んだかと思い、著者の鳥居民氏なら…

覇権を失っても社会実験で世界をリードする欧州の実像

巨大「実験国家」EUは生き残れるのか?―― 縮みゆく国々が仕掛ける制度イノベーション 国末憲人 著 ◆右翼ポピュリズムの台頭に悩むEU 諸国 日本より早く低成長期を迎えたヨーロッパ各国。かつてほどの勢いはそこには見られません。グローバル経済への対応策と…

現代ロシアの「強欲な利権構造」を浮き彫りにする

ロシア 利権闘争の闇――迷走するプーチン政権 元日経新聞モスクワ特派員 江頭 寛 著 ◆ウクライナ危機はロシア自身が招いていた! 今年2月、ウクライナで欧米派の活動家と治安部隊の間で大規模な武力衝突が起こり、親ロシア派政権が倒れ、欧米派の暫定政権が…