読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草思社のblog

ノンフィクション書籍を中心とする出版社・草思社のブログ。

人生はじめての算数体験だからこそ、遊びのように楽しいものに!

考える力がつく算数脳パズル 新 はじめてなぞぺー《対象:年中~小学1年》
高濱正伸(花まる学習会代表)・川島慶(花まるラボ代表)著

◆累計4万6000部のロングベストセラーが完全リニューアル!

 大人気学習塾「花まる学習会」の算数教材「なぞぺー」が幼稚園・保育園から楽しめると、大変好評をいただいてきた『考える力がつく算数脳パズル はじめてなぞぺー』が全面改訂、さらにパワーアップして登場しました。『考える力がつく算数脳パズル なぞぺー』シリーズは累計41万部、もはや小学生向けの算数パズルとして定番となった教材。本書はその園児向けバージョンです。

 高濱さんが問題作りにおいていちばん大切にしていることは、遊びのように楽しめる算数パズルを作ること。とくに本書は、人生においてはじめて算数に触れるお子さんのためのものですが、そのはじめての算数体験が「やらされるもの」ではなく、「もっとたくさんやりたい、遊びのようなもの」かどうかというのは、非常に大切なことです。

 本書の問題は「めいろ」や「ちがうのはどれ?」「ちかみちをさがそう」などといった、子どもたちが大好きな遊びや生活の中の出来事をモチーフに作成されたとても楽しいものです。どれも非常にやさしい問題からスタートしますが、それでいて決して「子どもだまし」ではなく、最後のほうは大人が見ても一瞬「ん?」と答えに詰まる絶妙な問題になっています。このあたりに、子どもを夢中にさせつつ、算数の視点を育んでいく秘密があると言えるでしょう。

 本書は文字のじゅうぶん読めない子どもにも取り組めるように、問題文がなるべく少なくてすむ図形問題を中心に作られています。また本書は14のパターンの問題がそれぞれ4問ずつで構成されているので、文字がほとんど読めないお子さんでも、最初の1問でルールを理解できれば、同じパターンの問題に取り組めるようになっています。

 一人でも多くのお子さんとその保護者の方に本書に触れていただき、算数の楽しさ・自分で考えて答えを見つけ出す楽しさを、味わっていただきたいと願っています。

【例題】

f:id:soshishablog:20150312154018j:plain

※答えは本書をご覧ください

(担当:久保田)

著者略歴

高濱正伸(たかはま・まさのぶ)

 花まる学習会代表。1959年、熊本県生まれ。東京大学大学院修士課程卒業。93年に、学習教室「花まる学習会」を設立。算数オリンピック問題作成委員・決勝大会総合解説員。著書に『考える力がつく算数脳パズルなぞぺー①②③』のほか同シリーズの『鉄腕なぞぺー』『空間なぞぺー』『みみなぞ』(以上、草思社)などがある。

川島慶(かわしま・けい)

1985年神奈川県生まれ。栄光学園高校・東京大学・同大学院卒。2011年、花まる学習会入社。2014年、株式会社「花まるラボ」を設立。東京大学非常勤講師。4歳児から大学生までを指導している。中高時代の恩師とともに児童養護施設や海外孤児院への学習支援にも継続的に取り組んでいる。高濱との共著に『考える力がつく算数脳パズル 迷路なぞぺー』、同シリーズの『整数なぞぺー』(以上、草思社)など。

f:id:soshishablog:20150312154602j:plain f:id:soshishablog:20150312154617j:plain

Amazon.co.jp: 考える力がつく算数脳パズル 新はじめてなぞぺー: 高濱正伸, 川島慶: 本

楽天ブックス: 考える力がつく算数脳パズル新はじめてなぞペ〜 - 高濱正伸 - 4794221150 : 本

考える力がつく算数脳パズル 新はじめてなぞぺー<年中〜小学1年生> | 書籍案内 | 草思社