読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草思社のblog

ノンフィクション書籍を中心とする出版社・草思社のブログ。

本日重版出来! 入園・入学前に是非とも読んでほしい本!

社会・教育

みんなのためのルールブック――あたりまえだけど、とても大切なこと

ロン・クラーク著 亀井よし子訳

ベストセラー『あたりまえだけど、とても大切なこと』の小学校低学年から読める、子ども向けの普及版!

◆ルールの意味と大切さを理解してこそ、初めて効果があがります

 子どもたちに「こういうときは、○○するんだよ」と社会のルールを教えようとしたら、「どうして?」と聞かれて、説明できずに言葉につまった経験のある方は少なくないでしょう。「みんながそうしているから」「そう決まっているから」では説得力がありません。

  この本には、50のルールそれぞれに、なぜそのルールが大切なのか、ごくかんたんに、ツボを押さえた説明がつけられています。たとえば、「勝っても自慢しない、負けても怒ったりしない」には、「自慢をする人は、だれからもよく思われない。もしきみに得意なことがあるなら、自信はもっていいが、自慢はしないほうがいい。…大切なのは、ベストをつくして楽しむこと、負けても言い訳しないことだ」と書かれています。

 子どもに強制するのはよくないという考えから、「ルール」に抵抗を感じる方もいることでしょう。たしかに、頭ごなしにルールを守らせることは、子どもにとってよくありません。この本は、子どもたちに礼儀やマナー、社会のルールについて教え、どうしてそれらが大切なのかを考えさせます。そして、子どもたちが納得したうえで、すすんで実践できるように導くためのものです。

 入園や入学、新学期を迎えるのこの時期に、お子さんと一緒に見直してみませんか?『あたりまえだけど、とても大切なこと』と、ぜひ合わせてお読みください。

f:id:soshishablog:20150317151629j:plain

Amazon.co.jp: みんなのためのルールブック ―あたりまえだけど、とても大切なこと: ロン・クラーク, 亀井 よし子: 本

楽天ブックス: みんなのためのルールブック - あたりまえだけど、とても大切なこと - ロン・クラーク - 4794213522 : 本

みんなのためのルールブック | 書籍案内 | 草思社

Amazon.co.jp: あたりまえだけど、とても大切なこと―子どものためのルールブック: ロン クラーク, Ron Clark, 亀井 よし子: 本

楽天ブックス: あたりまえだけど、とても大切なこと - 子どものためのルールブック - ロン・クラーク - 4794213204 : 本

あたりまえだけど、とても大切なこと | 書籍案内 | 草思社