草思社のblog

ノンフィクション書籍を中心とする出版社・草思社のブログ。

リニア中央新幹線に「ちゃぶ台返し」はありうるか? 『超電導リニアの不都合な真実』川辺謙一著

超電導リニアの不都合な真実

川辺謙一 著

◆JR東海は、もうリニアを諦めている?

 2027年に品川-名古屋間の開業を目指して建設が進められている「リニア中央新幹線」は、超電導リニア方式の車両が走ることが前提となっています。しかし、その超電導リニアモーターカーの技術がまだ完成していないとしたら、どうでしょうか? 
 超電導磁石をめぐる課題から、知れば不安になるほど複雑な走行原理、さらには車内にトイレの設置がむずかしいという問題まで、超電導リニアには未解決の技術的課題が山積しており、商業的に運用できるレベルにはまだ技術が達していない――。これが本書の結論です。
 ほとんど知られていませんが、JR東海は、こうなることをずっと前から危惧し、ひそかにその対策を講じてきました。実は、中央新幹線は、超電導リニア方式が頓挫した場合には、従来型新幹線方式(普通の車輪がある新幹線)でも開業できるように設計され、現在も建設が進んでいるのです。
 これは単なる想像や推測ではありません。JR東海の経営者が自身の著書にこのことを明確に書き記していますし、技術担当者が学会誌に寄稿した文章の中にも書かれています。また、公表されている中央新幹線のトンネルなどの仕様を詳しく調べれば、従来型新幹線が、問題なく走れることが検証できます。さらには、将来中央新幹線の一部となる予定の「山梨実験線」の様子を見ると、JR東海が実際に中央新幹線を従来型新幹線方式で開業しそうな徴候があることを、本書は指摘しています。
 今、リニア中央新幹線は大井川の水源問題でトンネル着工が遅れたことが、大きな注目を集めています。しかし、この大井川の問題がなかったとしても、リニア中央新幹線はそもそも大きな技術的問題を抱えており、JR東海自身が以前から危惧していたほど、実現が危ういプロジェクトなのです。

◆数多くの技術的課題が、未解決。

 本書は超電導リニアの技術的課題を数多く指摘していますが、問題を一言で言うならば「故障する可能性のある部品が多すぎる」ということです。たとえば、超電導リニアが実用化した場合、-269℃の液体ヘリウムで冷やし続ける必要のある超電導磁石ユニットが1編成当たり34個、浮上・着陸のたびに台車から油圧シリンダで出入りするゴムタイヤ車輪は1編成当たり136個となる見込みです。これらのうち1つでも故障すれば、大事故になりかねません。東海道新幹線並みの高頻度運行でも事故を起こさないためには、一つ一つの部品が驚異的な信頼性を持つ必要がありますが、これらは物理的に過酷な条件で使われるものであるため、従来の鉄道ほどの信頼性を持たせるのは非常に困難です。
 中央新幹線は、JR東海が自己負担によって建設する、過去に例のないプロジェクトです。税金が投入されないことから、国民の関心が低いままでしたが、3兆円の財政投融資が行われるなど、非常に公共性が高く、私たち一人ひとりに関係のある計画です。本書が国民的議論のきっかけになることを望んでいます。

(担当/久保田)

超電導リニアの不都合な真実 目次
はじめに
第1章 超電導リニアの心配になるほど複雑なしくみ 1―1 超電導リニアとはいったい何か ◯超電導リニアは「ふわふわ」とは浮かない ◯ レールのないリニアは「鉄道」か ◯「超電導リニア」と「常電導リニア」のちがい ◯「リニアモーター」とは何か ◯ 超電導方式なら自身でも安心、と言えるか 1―2 走行原理は信頼性が心配になるほど特殊で複雑 ◯ 走行の3要素、支持・案内・推進をすべて磁力で ◯ 浮上・案内・推進の力は側壁のコイルとの間で発生 ◯ 低速では浮かず車輪で走らざるをえない理由 ◯ 浮上・着地のたびゴムタイヤ車輪が出入り ◯ 1編成あたり出入りするタイヤは136個  ◯ 車両の速度は遠隔操作でしか制御できない 1―3 極低温を維持する必要がある超電導磁石◯マイナス269℃以下で冷却する必要がある。 ◯ 超電導磁石は病院でも使われている ◯高温超電導磁石の実用化は不透明【コラム】「リニア」という言葉は海外で通じない

第2章 なぜ超電導リニアの技術が開発されたのか 2―1 従来の鉄道の「スピードの壁」を超えたい ◯鉄輪式鉄道の高速化には限界がある ◯鉄車輪を使わない方式による高速化の探究 ◯浮上式鉄道は戦前から研究されていた 2―2 戦後の浮上式研究「黄金期」から現在まで ◯世界で「浮上式」の開発が盛んになった理由 ◯国鉄、日本航空、運輸省がリニア開発に参戦 ◯消えた空気浮上式・残った磁気浮上式 ◯ドイツではリニアが必要性を失う状況に ◯ドイツは死亡事故発生の末に完全撤退へ ◯日本以外の浮上式鉄道研究の現在 2―3 日本でなぜ超電導リニア開発が進んだか ◯きっかけは斜陽化した鉄道のテコ入れ ◯超電導磁石の研究進展と大阪万博で状況が動く ◯アメリカで超電導リニアの基礎が考案される ◯1970年に超電導リニア開発が本格化 ◯新幹線の利用者急増で求められた第二東海道新幹線 ◯世間の大きな期待と国鉄内からの疑問の声 ◯財政難による開発中止の危機を救った政治家 ◯ついに「技術完成」と主張するにいたる
第3章 超電導リニアは技術的課題が多い 3―1 超電導磁石が抱える2つの避けられない困難 ◯磁力が急低下し正常走行が不可能になる「クエンチ」 ◯クエンチを完全に回避することは不可能 ◯MRIやNMRの超電導磁石でのクエンチ発生 ◯リニア開発当事者が語るクエンチ対策 ◯超電導磁石にはあまりにきびしい使用条件 ◯クエンチ問題は解決済みと考えている? ◯低温超電導磁石に必須のヘリウムは入手困難に 3―2 コストもエネルギー消費量も大きく増大する ◯超電導リニアは建設・車両製造・運用が高コスト ◯エネルギー消費量は1人あたり4倍以上に 3―3 実用化を疑問視する専門家の意見 ◯常電導リニア開発者はどう見るか○故障する可能性のある部品が多すぎるという指摘 ◯「地球約77周分」の走行試験は十分と言えるか 3―4 組織内のディスコミュニケーション ◯多くの課題を認識しつつ開発が続けられた理由 ◯開発者と経営者の認識のギャップが生じる理由 ◯歴代リニア開発トップが否定的だったとの証言
第4章 なぜ中央新幹線を造るのか 4―1 東海道新幹線誕生がすべての始まり ◯計画は半世紀前から存在した ◯日本で新幹線が生まれた2つの要因 ◯世界でもずば抜けて鉄道に向いた国=日本 ◯日本で主流の狭軌では輸送力増強が困難だった ◯東海道本線の輸送力不足解決のための広軌新設 ◯新幹線は「ローテク」だから早期実現した ◯東海道新幹線は日本と世界にインパクト与えた 4―2 新幹線網構想から生まれた中央新幹線 ◯地域間格差の是正のため新幹線網構想が浮上 ◯基本計画の告示から整備計画決定という流れ ◯中央新幹線は優先順位低い基本計画路線だった ◯第二東海道新幹線と中央新幹線 4―3 プロジェクトを推し進めた人々 ◯若手社員の進言がプロジェクト始動のきっかけ ◯JR東海が考えた中央新幹線整備の大義名分 ◯政治家に働きかけリニアを国土計画に組み込む○建設費自己負担公表と震災直後の整備計画決定○財政投融資とスーパー・メガリージョン構想 4―4 異例づくしの中央新幹線建設◯民間事業? 公共事業? 責任の所在が曖昧 ◯なぜJR東海が全額負担するのか○「2段階建設」が財政投融資の呼び水に ◯民間が新幹線を建設するのは初めて
第5章 中央新幹線の建設・運用上の課題 5―1 建設時と開業後のそれぞれに懸念される課題 ◯深く・長いトンネルを造る難しさ ◯既存新幹線網への影響は精査されていない 5―2 中央新幹線は現時点でも必要なのか ◯1987年にまとめた大義名分は今も有効か ◯東海道新幹線の輸送力は1・6倍に増えた ◯東海道新幹線の経年劣化は理由になるのか ◯コロナ危機で露呈した絶対的需要の不在 ◯東京一極集中を是正するどころか加速させる? 5―3 将来は必要になるのか ◯加速する人口減少 ◯働き方改革で交通需要が減少する ◯巨大インフラを維持する人手を確保できるか
第6章 乗客の視点で見るリニアの課題 6―1 超電導リニア車両試乗レポート ◯実験線延長前後でガイドウェイの状況が変化 ◯リニア車内は東海道新幹線よりかなり狭い ◯緩やかに加速するが騒音・振動は小さくない ◯最高速付近での大きな振動と「耳ツン」○着地の衝撃や振動は大きい 6―2 営業運転可能な水準にあるか検証 ◯営業運転を考えると乗り心地に問題が多い ◯シート間隔はエコノミークラス並みに狭い ◯公式サイトは乗り心地について明言していない○「耳ツン」の解決が難しい理由 ◯車内外の気圧変化が高速化を阻む? ◯トイレの設置を困難にする要因が複数ある ◯振動が大きく走行中の歩行は困難ではないか ◯走行中は席を離れられずトイレにも行けない? ◯着地の衝撃とバリアフリーへの疑問 ◯車内の騒音は新幹線より大きく感じた ◯課題を克服しなければ営業運転は困難
第7章 事故の情報公開や対策への疑問 7―1 宮崎実験線で発生した事故・トラブル ◯走行中に試験車両が全焼 ◯4年間に14回のペースで繰り返されたクエンチ 7―2 山梨実験線で起きた事故とJR東海の主張
○山梨実験線ではクエンチ発生なしと主張 ◯山梨実験線でもクエンチは起きていた ◯JR東海の主張と異なる事実 ◯2019年に発生した車内出火で3人が重軽傷 7―3 営業開始後の緊急時対策は万全か ◯ガスタービン/タイヤ/コイルという発火源 ◯ガスタービン発電装置は不要になるか ◯トンネル内火災の対策は十分か
第8章 中央新幹線は在来方式でも開業できる 8―1 経営者と技術者が語るリニア失敗の可能性 ◯在来方式に対応させると語った当事者たち ◯最大勾配を40パーミルとした根拠はドイツに ◯高速運転試験用在来型新幹線車両300Xを開発 8―2 構造物が在来方式の規格に対応している ◯謎に迫るための4つの「規格」 ◯坂とカーブは在来方式に対応している○従来の建築限界がすっぽり収まるトンネル ◯なぜトンネル断面が大きいのか ◯車両限界は在来方式に完全に収まる ◯リニアの車体幅が狭い理由も説明できる ◯車両とガイドウェイの間隔は4cm 8―3 在来方式の開業を匂わす山梨実験線の現状 ◯リニア方式の開業を目指すには中途半端な現状 ◯単線のままですれ違い試験をする気配がない ◯なぜリニア方式には必要ない電柱があるのか ◯JR東海は超電導リニア方式をあきらめた?
第9章 今が決断のとき 9ー1 日本では超電導リニアの実現は難しい? ◯検証で見えた3つの事実 ◯日本には向かないことがわかった技術○日本での実用化は時期尚早 ◯なぜメディアはリスクや課題を報じないのか 9ー2 2020年に訪れた転機 ◯進まなかった国民的議論 ◯東海道新幹線利用者数激減と工事の難航 ◯利用者数前年比6パーセントの衝撃 ◯「一本足打法」企業を襲った危機 ◯中央新幹線の半分の工区で工事が中断 ◯静岡県との交渉決裂と開業延期 ◯広がった中央新幹線不要論 9ー3 いかに決断するか ◯中央新幹線の今後の選択肢は3つ ◯在来方式での開業は現実的か ◯計画中止も茨の道 ◯巨大事業はやめるのが難しい 9―4 提案・有終の美を飾ろう ◯計画中止は失敗ではない ◯技術への過信が招いた悲劇 ◯ドイツのリニア失敗に学ぶ ◯アメリカでの開花を目指す ◯リニアの技術を他分野に応用する ◯禍根なくきれいに終わらせる ◯今こそ国民的議論を
おわりに

著者紹介

川辺謙一(かわべ・けんいち)

交通技術ライター。1970年三重県生まれ。東北大学大学院工学研究科修了後、メーカー勤務を経て独立。高度化した技術を一般向けに翻訳・紹介している。著書は『東京 上がる街・下がる街』『日本の鉄道は世界で戦えるか』『東京道路奇景』(以上、草思社)、『オリンピックと東京改造』(光文社)、『東京総合指令室』(交通新聞社)、『図解・燃料電池自動車のメカニズム』『図解・首都高速の科学』『図解・新幹線運行のメカニズム』『図解・地下鉄の科学』(以上、講談社)など多数。

f:id:soshishablog:20201125104809j:plain f:id:soshishablog:20201125104828j:plain

Amazon:超電導リニアの不都合な真実:川辺謙一著:本

楽天ブックス: 超電導リニアの不都合な真実 - 川辺 謙一 - 9784794224804 : 本

日本文学の巨星が遺した講演録、未収録エッセイ、芥川賞選評 『書く、読む、生きる』古井由吉 著

書く、読む、生きる

古井由吉 著

◆日本文学の巨星はいかに書き、読み、生きたか

 本年2月18日に逝去した古井由吉氏は、68年「木曜日に」を発表してデビュー後、71年「杳子」で芥川賞、80年『栖』で日本文学大賞、83年『槿』で谷崎潤一郎賞、87年「中山坂」で川端康成文学賞、90年『仮往生伝試文』で読売文学賞、97年『白髪の唄』で毎日芸術賞を受賞するなど、文壇に確固たる地位を築き、晩年まで旺盛に作品を執筆してきました。
 本書は、古井由吉氏がいかにして書き、読み、生きたかを語る講演録、単行本未収録エッセイ、芥川賞選評を集成しました。
 作家稼業、日本文学とドイツ文学、翻訳と創作、「私」と「集合的自我」、恣意感と昏迷感、文章の周期、人物と語り手と書き手、夏目漱石『硝子戸の中』『夢十夜』、永井荷風、徳田秋聲『黴』『新世帯』、瀧井孝作『無限抱擁』、馬と近代文学、キケロ、シュティフター、ゴーゴリ、ジョイス、浅野川と犀川、競馬場と競馬客、疫病と戦乱、東京大空襲、東日本大震災、生者と死者、病と世の災い――。氏の深奥な認識が唯一無二の口調、文体で語られます。

◆「ひとつの作品へ宛てて書くことが多かった」芥川賞選評

 19年間務めた芥川賞選考委員としての選評(1986~2005年の39回分)は、「候補作全体の評定よりも、ひとつの作品へ宛てて書」かれることが多く、「しばしば作者の名前を割愛」する独自のスタイルで綴られました。現代文学を担う数々の作家を評価した全選評をまとめてお読みいただけます。

 本書をまとめるにあたりまして、ご遺族に多大なるお力添えをいただきましたことをここに記して感謝申し上げます。

(担当/渡邉)

著者紹介

古井由吉(ふるい・よしきち)
1937年東京生まれ。68年処女作「木曜日に」発表。71年「杳子」で芥川賞、80年『栖』で日本文学大賞、83年『槿』で谷崎潤一郎賞、87年「中山坂」で川端康成文学賞、90年『仮往生伝試文』で読売文学賞、97年『白髪の唄』で毎日芸術賞を受賞。2012年『古井由吉自撰作品』(全8巻)を刊行。他に『雨の裾』『ゆらぐ玉の緒』『楽天の日々』『この道』『われもまた天に』など著書多数。2020年2月永眠。

f:id:soshishablog:20201124100714j:plain f:id:soshishablog:20201124100725j:plain

 Amazon:書く、読む、生きる:古井由吉 著:本

楽天ブックス: 書く、読む、生きる - 古井 由吉 - 9784794224798 : 本

岐路に立つ日本人の〈肉声〉を克明に伝える貴重な同時代ルポ!『1932年の大日本帝国』アンドレ・ヴィオリス 著 大橋尚泰 訳

1932年の大日本帝国

ーーあるフランス人記者の記録

アンドレ・ヴィオリス 著 大橋尚泰 訳

 満洲事変の翌年にあたる一九三二年(昭和七年)、「日本はどこへ向かっているのか」を取材するために日本を訪れた『ル・プチ・パリジヤン』紙の特派員アンドレ・ヴィオリス(一八七〇〜一九五〇)は、当時、若手将校から崇拝の的になっていた荒木貞夫(陸相)のほか、平沼騏一郎、安部磯雄らとも対面し、そのやりとりを含む日本人の肉声を記録したルポ(Le Japon et son empire, Grasset, Paris)を一九三三年に刊行しました。本書はその全訳に詳細な注を付した一冊です。
 著者のヴィオリスは主に両大戦間に活躍した著名なジャーナリストで、フランス初の女性ルポルタージュ作家として、アイルランド内戦、アフガニスタンの内乱、第一次上海事変など、つねに危険と背中あわせの現場に赴いて取材を敢行し、多数の著作を残しています。そして日本においても著者が来日した一九三二年という年は、年初に血盟団による暗殺事件が立て続けに起き、五月十五日にはいわゆる「五・一五事件」が勃発、時の首相・犬養毅が暗殺されて戦前の政党政治が幕を閉じた年です。国際連盟との訣別も視野に入れていた当時の日本で、著者は日本の対外姿勢に批判的な立場から取材を行なっているのですが、結果的にはそのおかげで、この時代の日本人の言い分や、どのような対外意識をもっていたのかが明確に本書に記録されることになりました。
 何人もの日本人が苛立たしげに「ああ、せめて一九三六年以前に米国と戦争ができたらなあ。そうしたら、きっと勝つことができるのに」と口にするのを聞いたと著者は記しています。そして離日する著者を神戸港まで見送った元社会主義者の青年は「(このままでは)日本全体が腹切りしなければならなくなるのではありませんか」という著者の問いに、「でも、ご存じでしょう、『辱められてつまらぬ生き方をするよりは死んだほうがましだ』というわれわれ古来の価値観を……」と答えています。
本書の巻末近くで著者は「アメリカは、かつてない経済的・金融的な困難にかかりきりになっているが、それでも太平洋で海軍の示威行動に励んでおり、絶対に必要と感じられていたわけではない軍艦の建造を進めている。……太平洋での紛争は世界のバランスを乱し、何百万人もの運命を巻きこむ可能性があるが、それはもう起こりえないことではなくなっているようにみえる。日本はどこへ駈けてゆくのだろう」と予言めいた言葉を残していますが、それは十年も経たずに現実のものとなりました。
太平洋戦争へと至る歴史の中で「他にどのような道がありえたのか」はしばしば議論になりますが、本書の記述をお読みいただければ、一九三二年の段階ですでに多くの日本人の間で日米決戦へと至る道筋や、その結末までもが意識されていることがわかります。日本はなぜ日米開戦という悲劇的決断をせざるを得なかったのか。本書は、その背景となる危機の時代の空気を生々しく伝える第一級の資料といえます。


〔以下、本書「解説」より〕
 アメリカからも、たび重なる屈辱を受けていたと日本人は感じていたことがヴィオリスの筆からわかる。まず、ヴィオリスに講義をした将校たちは、日露戦争で日本が勝利すると「アメリカが嫉妬して騒ぐ番」となり、ワシントン会議につづいてロンドン軍縮会議でも日本の海軍が弱められて「新たな屈辱」を受けたと語る。
 さらに三山一輝は「欧米が日本を理解しようとせず、日本を見捨てて軽蔑している以上、欧米ぬきで事を進めるつもりです。」と述べているが、これが形となってあらわれたのが一九三三年(昭和八年)はじめの国際連盟からの脱退だった。
 さらに、ヴィオリスはフランスの社会学者アンドレ・シーグフリードを援用しながら、アメリカでの日本人移民に対する人種差別について語ったうえで、排日移民法は「日本人の自尊心にとって生々しい傷となり、その傷はいまだに癒えていない。この傷口を洗い、ふさぐには、戦争に訴えてアメリカ人に血を流させる必要があるのではないかと考えている日本人がたくさんいる。」と書いている。

(担当/碇)

著者紹介

アンドレ・ヴィオリス

1870年生まれ。20世紀前半(とりわけ両大戦間)に活躍した女性ジャーナリスト兼ルポルタージュ作家で、社会主義やフェミニズムに惹かれながらも、幾度となく戦争や紛争地域に飛び込み、10冊ほどのルポルタージュ作品を残した。本書はそのうちの1冊で、1932年(昭和7年)にフランスの大新聞「ル・プチ・パリジヤン」紙の特派員として来日したときの取材内容をまとめたもの。来日の翌年に刊行され、その後は共産主義に傾倒した。1950年没。

大橋尚泰(おおはし・なおやす)

1967年生まれ。早稲田大学仏文科卒。東京都立大学大学院仏文研究科修士課程中退。現フランス語翻訳者、ことわざ学会理事。著書に『ミニマムで学ぶフランス語のことわざ』(2017年、クレス出版)、『フランス人の第一次世界大戦――戦時下の手紙は語る―― 』(2018年、えにし書房)。解説に『復刻版 アラス戦線へ――第一次世界大戦の日本人カナダ義勇兵』(2018年、えにし書房)。歴史と文学の中間領域に興味をもつ。

f:id:soshishablog:20201014112326j:plain f:id:soshishablog:20201014112344j:plain

Amazon:1932年の大日本帝国:アンドレ・ヴィオリス 著 大橋尚泰 訳:本 

楽天ブックス: 1932年の大日本帝国 - あるフランス人記者の記録 - アンドレ・ヴィオリス - 9784794224774 : 本

生殺与奪の権は、数学が握る『生と死を分ける数学』キット・イェーツ 著 冨永星 訳

生と死を分ける数学

人生の(ほぼ)すべてに数学が関係するわけ

キット・イェーツ 著 冨永星 訳

◆重大事のウラに必ず数学あり。新型コロナにも、BLM運動にも!

 数学を知らなかったり、誤用したりしたために、命を落とし、財産を失い、無実の罪を着せられた人が、なんと多いことか。
思わずそう言いたくなるほど、本書には数学が原因となった事件・事故がたくさん紹介されています。
 さらには、今まさに世界的に注目を集めているブラック・ライブズ・マター運動のウラにある数学や、新型コロナウイルス感染症のPCR検査で問題となった偽陰性・偽陽性の数学、やはり新型コロナで注目された感染モデリングやワクチンによる集団免役の数学など、ホットな時事的話題の数学もわかりやすく解説しているのです。

◆殺人事件の濡れ衣から、難病治療に、結婚相手選びまで、人生のいたるところに数学が!

 本書で紹介される事件や事故のいくつかは、本当に深刻で、必ずしもハッピーエンドではありません。2人の幼い子どもを立て続けに急死で失った母親が、「乳幼児突然死症候群で2人の子どもが死ぬ確率は7300万分の1だから、殺人に違いない」という間違った数学的結論により濡れ衣を着せられた話。コンピュータの2進法を10進法に変換する際の誤差が積み重なって、ミサイル防御システムが誤作動、戦死した兵士の話。イギリス保健医療サービスが、難病の非常に高価な新薬を健康保険適用とすべきかどうか判定するのにつかう「神の方程式」と、その難病の子どもの話。どれも数学の話ではあるものの、ドキドキハラハラしながら、そして著者の見事な解説に納得しながら、どんどん読み進めてしまうことでしょう。
 その一方で、思わず人に話したくなるような、面白い数学ネタも満載です。たとえば、もしあなたが今18歳で、35歳までに結婚したいと思っていて、毎年別の異性とつきあうことができ、つまり最大17人と順番につきあえるとします。その中の最良の相手と結婚する確率を最大化するには、何人目まで見送って見極めるべきでしょうか。答えは6人目まで見送って、それまで以上にいい相手が現れるのを待つというもの(この作戦の数学的からくりは、本書をご覧ください!)。あるいは、私たちは平均寿命まで生きる確率を五分五分だと考えがちですが、じつは、平均寿命よりも長生きする人のほうが多いという事実と、その理由の数学的説明も書かれています。
 本書を読むと、目にする日々のニュースの裏側にも、数学があると気づかされ、考えたくなること間違いありません。じつは数学にあふれているこの世界を、より正しく、そしてより楽しく、見ることができるようになる一冊です。

(担当/久保田)

著者略歴

キット・イェーツ

英バース大学数理科学科上級講師であり同大数理生物学センターの共同ディレクター。2011年にオクスフォード大学で数学の博士号を取得。数学を使った彼の研究は胚形成からイナゴの群れ、睡眠病や卵殻の模様の形成にまでおよび、数学が現実世界のあらゆる種類の現象を説明できることを示している。とくに生物におけるランダム性の役割に関心を持っている。その数理生物学の研究は、BBCやガーディアン、テレグラフ、デイリーメール、サイエンティフィック・アメリカンなどで紹介されてきた。研究の傍ら、科学や数学の記事も執筆、サイエンスコミュニケーターとしても活動する。

訳者略歴

冨永星(とみなが・ほし)

1955年、京都生まれ。京都大学理学部数理科学系卒業。国立国会図書館、イタリア東方学研究所図書館司書、自由の森学園教員を経て、現在は一般向けの数学啓蒙書などの翻訳に従事。訳書は、デュ・ソートイ『素数の音楽』(新潮社)、スチュアート『若き数学者への手紙』(筑摩書房)、ヘイズ『ベッドルームで群論を』(みすず書房)、マグレイン『異端の統計学 ベイズ』(草思社)、ウィルクス『1から学ぶ大人の数学教室』(早川書房)、ロヴェッリ『時間は存在しない』(NHK出版)など。

f:id:soshishablog:20200928115816j:plain f:id:soshishablog:20200928115831j:plain

Amazon:生と死を分ける数学 人生の(ほぼ)すべてに数学が関係するわけ:キット・イェーツ 著 冨永星 訳:本

楽天ブックス: 生と死を分ける数学 - 人生の(ほぼ)すべてに数学が関係するわけ - キット・イェーツ - 9784794224705 : 本

生と死を分ける数学 | 草思社

なぜミツバチは、あらゆる文化に「住み着く」のか?『ミツバチと文明』クレア・プレストン著 倉橋俊介 訳

ミツバチと文明

宗教、芸術から科学、政治まで

文化を形づくった偉大な昆虫の物語

クレア・プレストン著 倉橋俊介 訳

◆キリスト教もガウディもミツバチの影響を受けている

近年、日本でも都心で養蜂が行われるなど、注目が増しているミツバチですが、人類との付き合いは1万年以上前に遡ります。たとえば、キリスト教においてミツバチは、もっとも勤勉で、慎み深いとして信者の模範的な態度の例とされていました。一方で、工学においては、ガウディ建築におけるその特徴的なアーチのヒントにもなっています。これはほんの一部に過ぎず、ある時は共和制の象徴になり、またある時は社会主義の比喩にされたりと、時代ごと、地域ごとに、人類はあらゆるジャンルに於いてミツバチに自分の信条をたくし、ミツバチから影響を受けてきました。これほど広範な事柄に影響を与えた生き物は、他にそうはいません。なぜ、ミツバチという1種の昆虫が、これほどまで多様な人間の価値観に例えてこられたのでしょうか。それは、ミツバチの持つ複雑な社会性、巣をつくる高度な技術、そして蜂蜜に由来しています。本書は、人類の文化の至るところに現れるミツバチの影響を詳細に紐解き、いかに人間がミツバチから影響を受けてきたかを豊富な図版とともに明らかにします。

◆人類の想像を喚起し続けるミツバチの生態とは?

ミツバチは、人間が高度な社会性を獲得するよりもはるかに前から高い集団性を獲得していました。また、人類にとって貴重な甘味であり医薬品でもあった蜂蜜ですが、人間以外の生物で、自ら原料を採取して蜂蜜という加工品をつくることは極めて稀なことです。こういったミツバチの習性が、古来から現在に至るまで、人類に様々なインスピレーションを与えてきたのです。文化に住み着いたミツバチの影響は、今までもこれからも生きながらえていきそうだと思える一方で、近年ではミツバチが大量死するという気がかりなニュースも報道されました。本書をご覧になり、この偉大な昆虫と私たちの将来について考える一助となれば幸いです。

(担当/吉田)

著者紹介

クレア・プレストン(Claire Preston)
ロンドン大学クイーン・メアリー校のルネサンス文学・英文学の教授。 著作に『Thomas Browne and the Writing of Early Modern Science 』や 『Edith Wharton's Social Register: Fictions and Contexts 』(いずれも未邦訳)などがある。

訳者紹介

倉橋 俊介(くらはし・しゅんすけ)
国際基督教大学教養学部人文科学科中退。訳書に『世界の山岳大百科』(共訳、山と渓谷社、2013 年)など。

f:id:soshishablog:20200916173518j:plain f:id:soshishablog:20200916173532j:plain

 Amazon:ミツバチと文明:クレア・プレストン著 倉橋俊介 訳:本

楽天ブックス: ミツバチと文明 - 宗教、芸術から科学、政治まで 文化を形づくった偉大な昆虫の物語 - クレア・プレストン - 9784794224712 : 本

伝説的ラジオ番組の書籍化、完結篇! 『菊地成孔の粋な夜電波 シーズン13-16 ラストランと♂ティアラ通信篇』菊地成孔、TBSラジオ 著

菊地成孔の粋な夜電波

シーズン13-16 ラストランと♂ティアラ通信篇

菊地成孔、TBSラジオ 著

◆伝説的ラジオ番組の番組本が遂に完結

 2011年4月から18年12月まで約8年に亘って放送された伝説的ラジオ番組、「菊地成孔の粋な夜電波」(TBSラジオ)。ジャズミュージシャンにして文筆家の菊地成孔氏が、選曲、構成から出演まで、構成作家なしで行った音楽トーク番組です。いまだに番組終了を惜しむ声が多く、著名人をはじめ熱狂的なファンに愛聴されてきました。
 本書は、放送台本、フリートークから作品を厳選して収録した人気シリーズの第四弾にして、番組終了までの最後の二年間を収めた完結篇です。

◆完結篇には感動の最終回も収録

 本書はシーズン13-16(17年4月9日-18年12月29日)から103作品と、同期間にオンエアされたセットリスト(曲名リスト)を収めています。
 番組名物「前口上」をはじめ、女子アナをゲストに迎えた「コント」や「ラジオドラマ」の台本はもちろん、人気アイドルグループKing & Princeの楽曲分析や、感動的な最終回エンディングなど、「神回」の放送を文字で楽しむことができます。「ラジオ番組はもうやらない」と公言する菊地氏ですが、本書を紐解くことによって、豊饒な番組の魅力の一端を味わっていただけますと幸いです。

(担当/渡邉)

著者紹介

菊地成孔(きくち・なるよし)
1963年、千葉県生まれ。音楽家、文筆家。DC/PRG、菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラールを主宰するほか、ジャズ・ドミュニスターズ、SPANK HAPPYとしても活動。著書に『ユングのサウンドトラック』『時事ネタ嫌い』『レクイエムの名手 菊地成孔追悼文集』『菊地成孔の欧米休憩タイム』『菊地成孔の映画関税撤廃』など多数。

f:id:soshishablog:20200915134358j:plain f:id:soshishablog:20200915134412j:plain

Amazon:菊地成孔の粋な夜電波 シーズン13-16 ラストランと♂ティアラ通信篇:菊地成孔、TBSラジオ 著:本 

楽天ブックス: 菊地成孔の粋な夜電波 シーズン13-16 ラストランと♂ティアラ通信篇 - 菊地 成孔 - 9784794224699 : 本

一筋縄ではいかない男、吉田謙吉は大陸で何を見たか。『吉田謙吉が撮った戦前の東アジア』塩澤珠江 著 松重充浩 監修

吉田謙吉が撮った戦前の東アジア

―― 1934年満州/1939年南支・朝鮮南部

塩澤珠江 著 松重充浩 監修

 吉田謙吉は今日それほど有名ではないが、日本の近代文化史を考えるにはキーパーソンの一人である。根っからのアヴァンギャルドであり、モダン文化の最先端を突っ走った男である。多彩な仕事ぶりから、その本質をとらえにくいため、評価されていないのだろう。(草思社既刊『父・吉田謙吉と昭和モダン』塩澤珠江著に詳しい)。
 日本橋浜町の生まれで(母親は三味線の師匠)、府立一中、東京芸大(東京美術学校)図案科卒のデザイナー。今和次郎とともに震災後の東京で「考現学」を提唱し、一世を風靡する。これはモダン東京の風俗採集や新しい生活文化の称揚を掲げた一種の社会学・社会運動だった。さらに小山内薫や「赤い貴族」土方与志とともに築地小劇場の創設に参画している。築地小劇場は日本の新劇運動の画期ともなる常設劇場である。その後、プロレタリア演劇の牙城として新劇界をリードした。上演第一作の『海戦』(土方与志・作)の舞台装置、ポスター等を手掛けたほか、初期の上演活動にデザイナーとして貢献した。植草甚一は回想記の中でこの初期の吉田謙吉作のポスターを当時の最先端のデザイン、欧米のデザインに匹敵するポスターとして、少年時代に夢中になったと書いている。
 映画では帰山教生監督作品のサイレントの字幕デザイン、溝口健二監督のごく初期作品『不戦無敗』(日活太秦)の美術やこの本で取り上げた『奥村五百子』の前年に有名な日独合作映画『新しき土』の美術も務めている。この映画は日独軍事同盟締結の時代背景のもとに鳴り物入りで作られた作品で、ドイツのアーノルト・ファンクと伊丹万作の共同監督ほか、原節子、早川雪州主演、山田耕筰音楽ほかオールジャパンで作られている。ここに美術監督吉田謙吉が名を連ねていることは当時日本での謙吉の評価がいかに高かったかがわかる。
 戦後は天津での抑留後、活躍は戦前ほどではないが、舞台美術監督の後進の育成や、広告・宣伝物のデザインで広告ブームの先鞭をつけた。
 左翼かと思うと国策に協力したり、芸術と実生活の融合を主張したり、のちには日本でのパントマイム演劇の推進を手掛けている。

 さてこの本はその文化人、吉田謙吉が大陸に出かけて行って何を見たかを知ることができる点で興味深い。というのも戦前の東アジア関係の写真は戦争写真や報道写真が主で、小型カメラ・ライカ(昭和初期に輸入、きわめて高価)を手にした謙吉のようなフットワークのいいスナップ写真は稀なのである。
謙吉の興味の対象は子どもたちやとりわけ少女、女性たち、働く庶民であることに気づかされる。謙吉は震災後の被災した庶民たちのバラックをスケッチして「バラック芸術社」に参加、考現学へ発展したし、プロレタリア芸術の築地小劇場など、出発点は常に貧しき庶民の生活への関心にあった。日本国内でもそうなのだから、大陸へわたって見るものと言えばやはり貧しき庶民の生活実相なのである。撫順の炭鉱に行けば、苦力の生活する家を撮影しスケッチする。奉天のスラムにも入ってみる。珠江デルタの蛋民の子供たち、慶州の市場の物売りなどなど。
 とりわけ彼の写真が精彩を放つのは少女を撮らえた写真である。本書P50~51の北満鉄路の車両の窓から顔を出す中国人少女、P69の哈爾浜キタイスカヤ街に座る中国人少女、P97の珠江デルタ蛋民の少女がスパスパ煙草を吸う図などは出色であろう。
 吉田謙吉は芸術家の目から「弱きもの」、子ども、女性、貧民などに目を奪われた。当時の報道写真、宣伝写真、戦争写真が「強きもの」ばかりを写している中で、彼は軍部の報道員として行っても、撮るもの見るものは戦争という大きな歴史ではなく、小さな庶民実相なのである。過去、日本は東アジアでひどいことをしたとよく言われる。本当にそうだったのか。吉田謙吉の見た東アジアの風景はそうした先入見を中和してくれる良さがある。

(担当/木谷)

著者紹介

塩澤珠江

1942年、東京生まれ。日大芸術学部卒。吉田謙吉の長女。「吉田謙吉・資料編纂室」室長。著書に『父、吉田謙吉と昭和モダン(草思社)。

監修者紹介

松重充浩
1960年、山口県生まれ。早稲田大学卒。日大文理学部史学科教授。東洋史専攻。共編著に『二〇世紀満洲歴史事典』。

f:id:soshishablog:20200828105530j:plain f:id:soshishablog:20200828105539j:plain

Amazon:吉田謙吉が撮った戦前の東アジア:塩澤珠江 著 松重充浩 監修:本

楽天ブックス: 吉田謙吉が撮った戦前の東アジア - 1934年満洲/1939年南支・朝鮮南部 - 塩澤 珠江 - 9784794224675 : 本